社員紹介STAFF

園田
技術本部 技術部(デザインセンター)
2015年度入社
専攻/デザイン科学専攻

園田 幸子

SACHIKO SONODA

仕事内容

デザインはチームで作り上げるもの

デザインセンターの業務は、車両の内装・外装のデザイン、パンフレットのデザイン、国内外で開催される展示会用のブースや配布物のデザインなど多岐にわたります。デザインの正解は1つではないので、お客さまや先輩、他部署の方などから一言「いいね」と言ってもらえた時はとても嬉しいです。

車両デザインはお客さまのご要望をふまえながら、車両が走る土地を調査してコンセプトのあるデザインをご提案するようにしています。そして見た目だけでなく、使いやすさ、メンテナンス性、コスト、製造しやすさなどを社内の関連部署と話し合いながら製品化を進めていきます。3D CADで作成したデザインを実際に製造する過程で改善・変更していく場合もあり、製造現場で学ぶことも非常に多いです。工場が併設されている当社は、製造と連携しやすい点も強みだと感じています。

私は、デザインはチームで作り上げるものだと考えています。これはお客さまや社内とやり取りし、期待に応えようとする中でデザインがブラッシュアップされ良い方向に進む経験を何度もしているからです。紆余曲折することが一概に悪いわけではなく、お互いの考えを共有し、納得できるまで突き詰めていくと、良いデザインが生まれるのだと思います。

入社の決め手

受注生産だからこそ、じっくり考えられる

私は工業デザインを大学から大学院まで学び、公共交通のデザインに興味をもつようになりました。公共交通は製品の寿命が長く、長期的な見通しをもって開発を進められる点が魅力です。中でも鉄道車両は自動車と違って受注生産なので、車両が走る土地を理解した上でデザインを提案できることが大きなやりがいだと思います。

受注すれば、自分がデザインした車両がその土地を走り、その土地の人々の役に立つことができるんです。私は誰かのためにデザインができるような工業系インハウスデザイナーを志望していたので、そんな鉄道車両のデザインに夢を感じ、J-TRECに就職しました。

入社して感じることですが、J-TRECは手を挙げればチャンスを与えてくれる風土があります。以前、パープルラインに携わっていた時にタイ・バンコクに出張して業務を行ったことがありました。当初は2週間で帰国する予定でしたが、試運転の添乗員業務や検査業務を学ぶチャンスをもらい、2ヵ月間も現地の業務を経験することができました。さまざまな経験が自分の糧となり、今の仕事に活きていると思いますね。

今、実現したい夢

未来の鉄道車両を仲間と共につくる

お客さま、エンドユーザー、そして私たち作り手がそれぞれ満足し、長期的にみて良い方向に進めるようなデザインをすることが大きな目標です。

J-TRECには、未来の鉄道車両を一緒に考えてくれる仲間がいます。寿命が長い製品だからこそ、今すぐには必要はなくても将来的にメリットがあることは積極的に提案していきたいですね。一人では到達し得ないような領域にも、仲間の力を集結させれば到達できると信じています。

STAFF社員紹介

YOSHIKI MIZOBE
技術本部 技術部
(ぎ装設計)
YOSHIKI MIZOBE
KYOHEI MUROOKA
海外事業本部 海外事業推進部
(海外事業展開)
KYOHEI MUROOKA
TOSHIKAZU YOKOI
生産本部 生産部
構体課
TOSHIKAZU YOKOI
TATSUYA AGEMATSU
生産本部 生産管理部
(生産技術)
TATSUYA AGEMATSU
MADOKA NAKATANI
生産本部 生産部
内装課
MADOKA NAKATANI
YUSUKE MARUYAMA
営業本部 国内営業部
(コンテナ)
YUSUKE MARUYAMA
SACHIKO SONODAA
技術本部 技術部
(デザインセンター)
SACHIKO SONODA
YUSUKE MARUYAMA
生産本部 生産部
構体課
TAKUMI YAMANAKA
SAORI OKUNO
経営管理本部 財務部
SAORI OKUNO
TAKAYUKI SUZUKI
技術本部 技術部
(技術解析)
TAKAYUKI SUZUKI
SOICHIRO ANDO
生産本部 資材部
購買課
SOICHIRO ANDO
JUNYA IIDAWA
生産本部 品質保証部
検査課
JUNYA IIDAWA
ページトップヘ